エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2006年01月20日

カテゴリ : 絞り・成形加工

第246回 円筒絞りの工程設計 円筒絞りの工程設計(その1) 円筒絞りの工程設計の概要

 絞り加工はブランクからつなぎ目のない容器を成形します。その具体的な内容を【図1】に示す製品形状を例にして、今後進めていきたいと考えています。 図1

 絞り加工の工程設計のイメージを示したものが【図2】です。

図2

 絞り加工では、製品形状を展開してブランクを求めます。次に、ブランクを絞り、形状にしますが、ブランクから1回で目的の形状にできることは少ないと考えてよいです。

 その理由は次のような点にあります。1回に絞れる径に限界があること。絞ることは、ある形状の中(具体的には絞りダイの中)に材料を押し込んで形にします。このときに材料には、押し込むための力(絞り力)と、材料が変形するときに生じる変形抵抗が発生しています。絞り力が勝てば絞ることができますが、負ければ材料が破断(割れ)してしまいます。破断せずに絞ることができる径を絞り「限界」と呼びます。この絞り限界は、いくつかの条件で決まってきます。

 絞り限界以内で絞って行くことになります。ブランクから最初に絞る工程を「初絞り」と呼びます。それ以後の工程を「再絞り」とよびます。

 絞りを繰り返して目的の径にした後に、形状を整えるリストライク工程を必要とすることも多いです。この工程で、形状は製品図の形に仕上がります。

 最後に絞りによって変形したフランジをトリミングして、形状を整え完成します。絞り加工では材料の持つ異方性によって、丸いブランクから絞ったときでも、絞ったフランジの縁は変形して丸ではなくなります。そのため、トリミングは必然の工程と考えて置いた方がよいです。

 そこで、トリミングに必要な部分をブランクは持っていなければなりません。最初に製品図からブランク計算をするときには、トリミング代を見込んで計算します。

 以上が絞り加工の概要です。次回から【図1】の製品形状を使って、工程を順を追って解説します。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る