エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2006年02月10日

カテゴリ : 絞り・成形加工

第249回 円筒絞りの工程設計 円筒絞りの工程設計(その4) 円筒絞りのパンチ肩半径を決める

 展開計算で求めたブランク径から、何回で絞れるかを決めます。その結果が【図1】です。これは前回の第248回で求めたものです。各寸法は各工程のパンチ径を示しています。 図1

 【図2】は、パンチ肩半径の決め方を示しています。ここで分かっているのは製品の底R(パンチR)のR0.3だけです(第247回の製品図参照)。

図2

 この製品のRを元にして、各工程のパンチRを決めていきます。手順は最終工程から1絞り(初絞り)に向かって決めて行きます。

 【図2】の拡大図を参照してください。最終絞りのパンチR(R0.3)の中心位置と同じ線状にRの中心を取って、最終絞りのひとつ前の工程のパンチRを決めます(図に「最終絞りと中心を合わせる」と示した部分です)。

 次に、更にひとつ前工程のパンチRを決めます。今、決めたパンチRの中心位置から外形までの距離を3〜4等分します(図に「この間を3〜4等分する」と示した部分です。)。分割したものを利用して、「少し中心をずらして半径を決める」と示してあるように、作図します。

 更に前工程があるときには第1絞りまで、この操作を繰り返します。
 このようにして作られたパンチRが【図2】の左側のR0.3、R1.15及びR2.25、R4.14です。このような半端な数値ではパンチが作りにくいので、
   R1.15 → R1.2
   R2.25 → R2.3
   R4.14 → R4.0(第1絞りのパンチR)
 と補正して、パンチの加工が行いやすいようにします。
 このとき、第1絞りのパンチRは、
 4t < 第1絞りパンチR < 20t
 の範囲にあり、かつ、第1絞りパンチ径の1/3より小さいことが必要です。
 パンチRが小さいと、絞ったときに割れが発生します。大きいとしわが発生します。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る