エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2006年03月03日

カテゴリ : 絞り・成形加工

第252回 円筒絞りの工程設計 円筒絞りの工程設計(その7) 円筒絞りの絞り高さを決める

 円筒絞りの工程設計を第247回で示した製品を例に必要な内容を検討してきて、最後に各工程の絞り高さについての説明です。
 絞り高さを計算する専用の計算式がありますが、形状によっては簡易な方法があります。ここではこの簡易な方法について説明します。

 【図1】の「計算内容」を参照してください。
 製品形状を展開してブランクを求めました。このときの計算式の中に絞り高さの項目が入っています。このブランク展開式をh=の式に直して計算することで各工程の高さを知ることができます。【図1】の各項目に数値を当てはめていきます。
  D:ブランク径=52.5mm
  d2:フランジ形=34mm
 です。d1は各工程の絞り径(外径)です。d1以外の部分を計算すると。おおよそ400となります。この数値をd1で割った値が絞り高さとなります。
 【図1】で「計算結果」と示した部分です。

図1

 【図2】は、第248回から第252回の内容に、今回の絞り高さを加えて作図したものです。
 フランジ付きの製品の考え方として、フランジ径は変動しないとして考えます。実際に工程数が多い絞り製品では、第3絞り以降はほとんどフランジは一定となります。割れが発生したときにフランジ径の変化を見て、引っ張られて減少しているときには絞り高さが低く、ボリューム不足が疑われなます。  各工程の絞り高さは、フランジ形が一定になるように調整すればよいと考えららます。
 ここで計算した絞り高さは、しごきやパンチ、ダイRの変化を考慮していません。絞り状態を見て調整することを前提にしたものです。

図2



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る