エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2006年04月07日

カテゴリ : 絞り・成形加工

第256回 円筒絞りの金型製作の要点(その4) 下向き絞り落とし型

 【図1】は下向き絞りの絞り落とし構造を示しています。絞り落としはフランジのない絞り加工に使われる構造です。

 加工された製品は下に落とされるので、プレス加工の作業性はよいです。
 プレス機械のスライドのストローク長さは絞り高さの2倍程度でも可能となります。
 しわ押さえ用のスプリングの長さに制約を受けるので、絞り高さ限界は上向き絞りに比べて低くなります。

 この金型のダイはダイR下のストレート部分(ベアリング部)は短くします。ベアリング部下の逃がしは、絞られた製品をパンチから外す必要があるので、角を作ります。C面やRを付けると、製品がパンチに付いたまま持ち上げられ不具合現象を起こすことがあるので、ダメです。製品外しを確実にするためには、この部分に製品をパンチから外すためのストリッピング爪を【図2】に示すようにつけます。爪は3〜4個所つけます。

 パンチから製品を外すためには、ストリッピング爪を使う、使わないにかかわらず、絞りの縁が平らであることが必要です。絞りの縁が傾く原因はブランクの位置決めが悪い、絞りのクリアランスが片寄っている。または、しわ押さえが均一に働いていないなどに起因します。

図1、図2

 【図3】はこの金型を使って絞り加工したときの行程を示しています。
(a)は、ネストにブランクが置かれ、これから絞り加工が始まる状態です。しわ押さえのブランクに接する面の面粗度及び外周部分の角には丸みを付けブランク移動の障害とならないようにします(ブランクにバリがないことも当然必要)。
(b)は、絞りが完了した状態です。製品はダイ下の角またはストリッピング爪でパンチからこの後、外されます。このとき、パンチにエアー穴がないと製品の内部が真空となり、外れにくくなります。 (c)は、製品が外され、落下する状態です。製品が通る穴は、製品が多少傾いても引っかかって詰まることがないようにします。

図3



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る