エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2006年05月08日

カテゴリ : 接合加工

第260回 プレス接合 プレス加工による接合(その3)

 【図1】の(a)は丸めパイプと呼ばれる製品です。従来はパイプを切断したり、絞り加工で作られていたものを、コスト低減のために曲げ加工で作るようにしたものです。多く製品ではこの状態で問題なく使えるのですが、軸方向に圧力がかかるとか磁力線を通しやすくしたいといったときに、合わせ面を(b)のような形にして、より強固な接合とすることがあります。このときに注意することがあります。凸と凹の角に(c)に示すような逃がしを施すことです。角がぶつかってはうまく接合できません。板を少しずつ曲げて丸くしていく過程で凸と凹を合わせるので、凸と凹がゆるみを持って勘合するようにします。

図1

 【図2】(d)は箱状の曲げ製品の端面を接合して、より強固な形状とする方法です。丸めパイプと同じ方法で接合する方法と(e)に示すようなあり組する方法です。この場合も凸と凹の角部は(f)に示すような逃がしを付け、線部分がすき間なく接合するようにします。組み合わせた後に、何らかのかしめ作業を入れて固定する場合もあります。

図2

 ここに示した2つの方法は、簡単に見えて、こつのいる加工方法です。形状を工夫して凸と凹形状がかみあって行く過程で、材料が相手形状を成形して固定するといった工夫をしているところもあります。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る