エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2006年06月02日

カテゴリ : 接合加工

第264回 プレス加工と金型のQ&A Q002:抜き加工力とシャー角の関係

Q

 打ち抜き力の軽減策として、刃先にシヤー角をつけるのは有効である。

A

解説:
 平らなパンチ・ダイを使った通常の抜き作業をすると、切れ刃全体で瞬間的に加工すると【図1】(a)に示すように、小さなパンチストロークで大きなせん断荷重が発生します。このとき、プレス機械には衝撃を与え、大きな加工音や振動が発生します。パンチまたはダイにシヤーをつけると、【図1】(b)の用のパンチストロークは長くなるが、せん断荷重は小さくなります。シャーをつけるということはハサミで材料を切るような形となり、傾斜分だけ時間をかけて抜くため、せん断荷重は下がり、衝撃も小さくなります。 図1

 シヤー角は【図2】(a)に示すシヤーの量(s)で判断することが多いのですが、sを材料の板厚分としたときには、加工力は約1/2程度に下がります。sを材料板厚の2倍としたときには約1/3程度まで下がります。

 シヤー角をつけると抜かれた材料が変形します。そこで、穴抜きの時には【図2】(b)のようにパンチにシヤー角を取り、ダイは平らのままとします。ブランク抜きでは【図2】(c)のようにダイ側にシヤー角をとり、パンチは平らのままとします。

 シヤー角をつけるとせん断荷重は小さくできますが、加工に必要なストロークは長くなります。そのため、加工に必要なせん断エネルギは、シヤー角をつけない平らなパンチ・ダイを使ったときと大きな変化はないです。

図2



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る