エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2006年06月23日

カテゴリ : 曲げ加工

第267回 プレス加工と金型のQ&A Q005:曲げキズを発生させない曲げ方法はないか

Q

 曲げ加工をすると、曲げダイに接した部分にキズが入ることがある。このキズをなくせないか。

A

 通常の曲げ加工では【図1】に示すように、曲げ過程では曲げフランジはダイ肩上を移動しながら曲げられていきます。この時にダイ肩半径が小さいと、曲げフランジにキズを発生させます。加工力と材料の降伏点が関係します。曲げ抵抗を小さくするにはダイ肩半径を大きくすることと、磨きで対策することができます。 図1

 その他の方法として【図2】に示すローラー曲げがあります。ダイ肩部分にローラーを取り付け、曲げ加工時の滑り接触からローラーのころがり接触にして抵抗を減らします。 図2

 【図3】はスイング曲げと呼ばれる曲げ方です。パッドと曲げダイが蝶番(ヒンジ)のような動きをする構造とします。このようにすると、材料はダイ面を滑ることなく曲げる加工ができます。そのためにキズの発生はありません。しかし、金型の構造が複雑となり、金型製作が面倒になります。この構造を工夫すると、メッキ付き材料(曲げ時に粉が出やすい)やカラー鋼板(キズが入りやすい)といった材料でも、きれいに加工することができるようになります。 図3



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る