エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2006年07月07日

カテゴリ : 曲げ加工

第268回 プレス加工と金型のQ&A Q006:曲げ線の長いU曲げで反る。原因と対策は。

Q

 曲げ線の長いU曲げ加工をすると、曲げ線方向に反りが出る。原因と対策を知りたい。

A

 【図1】のようなU曲げをすると図のような形状に変形し、曲げ線は図のように反ります。金型やプレス機械の剛性が十分であっても、この現象は発生します。原因はスプリングバックにあります。
 通常、U曲げではフランジは外に向かって開きます。この時にウエッブ部分も図のように反ります。この現象は製品の両端部分で大きく、中央に向かって減少します。この状況はウエッブ部分でも同様に変化しています。この変化がウエッブ部分の反りとなって製品に現れているのです。

図1

 対策としては、もうお分かりのように、スプリングバック対策を取ることです。しかし、スプリングバックは【図2】に示すように、両端部(A)と中央部(B)で異なっていますから、対策もこの現象にあわせて取る必要があります。(A)部では強く、(B)部は弱くする必要があります。このようにするためには金型は1体に作っては処置がしにくくなるので、現象にあわせて3分割して、(A)−(B)−(A)の状況に合わせてスプリングバック対策を取ります。もっと細かく対策をしたいときには5分割することがあります。

図2

 このような反りとは逆に反る現象もあります。これは金型やプレス機械の剛性が低く、加工力によって金型の中央が凹むように変形することによって起こります。このようになると両端のU曲げは強く底突きされる形となり、【図1】とは逆方向の反り増加を助長します。対策としては、金型やプレス機械の剛性アップとスプリングバック対策です。前記同様に3分割しておくことが処置しやすいです。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る