エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2006年07月14日

カテゴリ : 曲げ加工

第269回 プレス加工と金型のQ&A Q007:大きな円筒形状を作りたい。

Q

 大きな円筒形状の作りたい。方法は。

A

 円筒形状は型曲げでも作ることはできますが、【図1】に示すようなロールを使って加工することもできます。このような加工方法を「ロール成形」とか「ロール曲げ」と呼びます。一般的には3本ロール加工で通用します。
 ロール成形では2本の受けロール(B)に対して1本の可動ロール(A)を上側に置き、三角形に配置し、その間を材料を通すことで材料を丸め、筒状にします。筒の半径は(A)のロールの押し込み量で可変します。
 ロールを使っても加工線は直線ですから、加工分類では曲げとなります。

図1

 ブランクを単にロールに通すと、【図2】に示すような形状にできあがります。両端部はうまくロールにかからずにきれいに曲げることができないで、直線となります。この現象をロールで対策することは難しいので、ブランクの両端を【図3】に示すように事前に、金型で予備曲げしておきます。

 ロールを使って曲げるこの方法は、筒の径が大きくて生産数が少ないときに適します。

図2

図3



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る