エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2006年08月25日

カテゴリ : 絞り・成形加工

第275回 プレス加工と金型のQ&A Q13:円筒絞りでしわ押さえなしで絞りができるか。

Q

 円筒絞りでしわ押さえなしで絞りができるか。

A

 円筒絞り加工の難易の目安は、絞り率と相対板厚(t/D×100)で判断されます。絞りが容易になるのは、絞り率と相対板厚の値が大きくなるとよいのです(大きくなりすぎるのも問題がありますが)。この2つが条件を満たすと、絞り金型にしわ押さえが無くとも絞れるようになります。その条件を絞り率を基準に示すと、次のようになります。

絞り率0.5→相対板厚3.5%以上
絞り率0.6→相対板厚2.0%以上
絞り率0.7→相対板厚0.7%以上

 このような条件であれば、【図1】に示すような簡単な金型構造で絞り加工ができます。図は絞り落とし構造です。フランジ付きの製品ではダイにノックアウトを入れ、排出できるようにします。パンチには付着防止のキッカー等の処置も必要となります。

図1

 しわ押さえなしの金型で大切なことはダイ肩半径(ダイR)です。ブランクとダイRとの関係が【図2】に示すような関係となっていることがよい結果を生みます。この時のクリアランスは材料板厚と同じか、材料板厚の1.1倍程度とします。

図2



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る