エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2006年09月29日

カテゴリ : 絞り・成形加工

第279回 プレス加工と金型のQ&A Q17:カール加工で丸くならない。

Q

 カール加工で丸くならない。

A

 カール加工は材料の縁を小さく丸める加工です。そのときに【写真1】に示すように、丸めた一部が丸くならずに直線になってしまうことがあります。材料の縁の強度対策や安全対策であれば問題ないこともありますが、写真のようなヒンジではできるだけ軸の丸さに合っている方がよいです。また、カール部分は外から見える部分となることも多いので、外観的にもきれいな形が望ましいです。 写真1

 カール加工では、【図1】に示すように先端予備曲げを行っておき、その後にカールします。カール加工は型の面を滑るように材料が移動しながら、座屈して形状が作られます。先端の予備曲げがないと、材料が型面を滑っていくときに材料の縁から座靴が始まらずに、少し直線を残して座屈するために、【写真1】のような形状となります。この対策が先端の予備曲げです。この工程を入れることで、【写真2】に示すようなきれいな形状を得ることができます。 写真2

図1

 カール曲げでは、外形形状と寸法は何とか確保することができますが、内径形状はカールに伴う板厚変化の影響を受けて、丸くなりません。寸法も出しにくいです。ヒンジの軸受けとして丸くしましょうと先述しましたが、内径をきれいな丸にするのは難しいことです。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る