エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2006年10月13日

カテゴリ : 圧縮加工

第281回 プレス加工と金型のQ&A Q19:面付け加工をきれいに仕上げたい。

Q

 面付け加工をきれいに仕上げたい。

A

 穴抜き加工した縁を【図1】に示すような面付け加工をすることが最近は増えています。皿ビスの座面やバリ取りを目的としたことからです。 図1

 面付けは材料をつぶすことから、【図2】に示すように、つぶされた材料は穴の周囲の膨らみとなって現れます。この膨らみは穴を歪ませると同時に穴径を減少させます。単にボルト等の軸が障害なく通ればよいものでは問題ないですが、穴精度を必要とするものでは、【図3】に示すように再穴抜きを行い面付けによって、歪んだ穴を仕上げます。

図2、図3

 再穴抜きを前提とした工程の作り方として、【図4】に示すように最初の穴を小さく抜いておき、面付けを大きくして、再穴抜きをする形がよく使われていると思います。この方法では再穴抜きのパンチは面付けされた斜面に接して、加工が開始されます。この時パンチは、斜面を滑るような形となり、振れて加工することがあります。このようになると、穴位置が狂ったり、面付けの幅が不均一になるといった不具合が起きることがあります。

 この原因は、再穴抜きのパンチが面付け斜面に接するようになっていることが一つの要因です。【図5】に示すような座面を持った面付けとすることで対策することができます。ちょっとした工夫で改善できるアイデアです。

図4、図5



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る