エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2006年11月17日

カテゴリ : 金型設計

第286回 プレス金型構造設計の基礎 その2:ねじの使い方−2

 金型を設計していて、プレートへのねじの配置に悩むことがあります。ねじサイズを大きくしてねじの本数を少なくするか、ねじサイズを小さくしてねじの本数を多くするかといった問題がまずあります。この問題については第285回を参照して下さい。

 ねじサイズを決めたとき、ねじの間隔をどのくらいにしたらよいかが気になります。

 【図1】は、ねじサイズとねじ間隔の関係を示したものです。ねじサイズの10倍をイメージしています。ねじ間隔には明確な基準となるものがないので(厳密にはプレートのひずみの量や締結力などから考えなければいけないのでしょうが、現実的には難しいことが多いので、経験的な感覚で決めています。)、わかりやすい決め方としておいた方が、ねじのような部品では便利かと思います。

図1

 【図2】は、ねじの関係寸法を示したものです。JISでも決められていますが、自社標準を決めておくとよいでしょう。ここで示したものは、その1例と考えて下さい。

図2

 プレートにタップ加工をするとき、タップ下穴の寸法やタップ深さが問題です。深すぎるタップ加工指定は加工を難しくする割に、あまり効果はありません。タップ加工しやすいタップ下穴やタップ深さを決め、経済的な加工ができるようにしましょう。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る