エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2007年02月23日

カテゴリ : 金型設計

第298回 プレス金型構造設計の基礎 その14:止めねじの締め付け方向

 金型を構成するプレートのねじ止めは問題が無いように思えますが、金型の組立やメンテナンスの際に作業がしずらいとのクレームが入ることがあります。
 なぜかを考えてみます。【図1】で解説します。ねじ止めの標準といえる形が上型、下型共に(a)で示すものであろうと思います。小さな金型であれば上型、下型の分離や反転は容易に行えますから(a)の形で問題はありません。

図1

 金型が大きくなってくると、上型や下型の分離や反転が大変になります。ときには2人作業となることもあります。このような状態のときに、下型の止めねじが(a)の形だと反転して、ねじ締め作業を行うこととなります。このような状態で作業をしなければならないとき、作業がしづらいといわれることになります。そこで、(b)または(c)の止め方にすると、反転することなく作業ができるようになります。

 上型は下型から分離したあと反転してパンチホルダを下にしておくことが多いので、やはり、(b)または(c)の止め方が作業がしやすくなります。この時、ストリッパプレートが可動式のものであると、(b)の止め方ではストリッパプレートを外してからでないと、ねじ締め作業ができないので、(c)の形がよい場合があります。

 (c)のねじ止めでパンチバッキングプレートを止めるときには、パンチプレートとパンチバッキングプレートは(d)または(e)の止め方で、2枚のプレートを一体化するようにします。バッキングプレートと本体プレートの一体化は、ストリッパプレートやダイプレートでも同様です。ダイプレート等でバッキングプレートを外すことなく面を研削するような場合、(e)のねじの使い方だと研削作業が行いにくいことがあります。

 ダイプレートの上に乗るガイドプレートのような部品のねじ止めでも、(f)または(g)の形となりますが、ストリッパプレート側の逃がしが面倒であったり、ときには逃がし忘れが発生したりします。プレートの厚さに問題が無ければ(f)のようにねじ頭部を沈めるようにする形がよいです。頭部の薄いねじ等もあるので工夫するとよいでしょう。

 【図】を示して、このように説明すると当たり前のように聞こえますが、実際の金型では結構考えられることなく、止めねじが使われてることも多いように思います。金型構造の特徴をつかみ、作業しやすい止めねじの使い方を工夫することが必要です。ときにはこのために構造を変えることがあってもよいと思います。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る