エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2007年03月16日

カテゴリ : 金型設計

第301回 金型構造に使われる機構 その2:微小送り機構

 金型では調整などで微小な動きを必要とすることがあります。このようなときに使う機構の一つが、ここに示す差動ねじと呼ばれるものです。差動ねじは2つのねじのピッチの差を利用して、微小送りを実現するものです。

 【図1】は、太いねじ(a)と細いねじ(b)が一体になった軸が本体部分に取り付けられ、細いねじ(b)にスライダが取り付けられた構造です。スライダは回転しないように取り付けられています。
 ハンドルを1回転すると、ねじ(a)は矢印イの方向にピッチAだけ前進します。スライドも一緒に矢印イの方向に動いています。このとき、細いねじも1回転することで、スライドは矢印ロの方向にピッチBだけ動きます。ピッチAの動きに対して戻るような動きとなり、ピッチA>ピッチBの関係から、スライドはピッチAとピッチBの差分だけ矢印イの方向に動くことになります。具体的には、ピッチA=1.5mm、ピッチB=1.0mmとすれば、ねじ1回転でスライドは矢印イの方向に0.5mm動くことになります。

図1

 【図2】は、太いねじ(外ねじ)の内側に細いねじ(内ねじ)を持った軸と、細いねじを持ったスライド軸の組合せで作られた機構です。スライド軸は回転しないように回り止めの工夫をします。
 ハンドルを1回転すると、外ねじは矢印イの方向にピッチA進みます。このとき、内ねじにねじ込まれているスライド軸も矢印イの方向に進みますが、周り止めされているために内ねじによって、スライド軸は矢印ロの方向にピッチBだけ動きます。ピッチAとピッチBの差分だけスライド軸は矢印ハの方向へ動きます。

図2



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る