エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2007年04月06日

カテゴリ : 金型設計

第304回 金型構造に使われる機構 その5:リンク、てこを使った機構

 金型内で製品に横から加工をしようとするときにはカム機構を思い浮かべることが多いですが、大きなスライド量が欲しいときは、カム機構ではカムドライバが大きくなり、構造のまとめが難しくなります。このようなときに【図1】に示すようなリンク機構を利用すると、下型内で運動機構を作ることができます。リンクの中央を上型に取り付けた「押し棒」で押すことで、山形をしたリンクが直線に近づきスライドを押します。スライド部分に穴抜きパンチや曲げパンチを取り付けておけば製品の側面に穴抜きや曲げを加工することができます。この機構では、スライドは比較的滑らかな動きが得られます。

図1

 【図2】は、てこを利用して、下から上に向かって曲げ加工等をしたいときに使われる構造です。上型で棒をAの方向に押すと、下型内にあるてこの一端が押し下げられてダイ内の組み込まれている曲げパンチを上方向に押し上げ、下から上に向かって製品を加工します。押し上げられたパンチを戻す方法に工夫を必要としますが、比較的簡単な構造で加工することができます。

図2



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る