エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2007年04月27日

カテゴリ : 金型設計

第307回 金型構造に使われる機構 その8:ヒンジを利用したV曲げ型

 曲げ加工では、材料がダイ肩半径(またはパンチ肩半径)部を滑りながら移動して曲げられます。このときに肩半径が小さいと材料にかかる負担が大きくなり、キズを発生させることがあります。この現象は材料の板厚が厚くなるほど顕著になります。また、メッキ付き材料等でも同様です。加工キズを減らすには肩半径を大きくすることも対策となりますが、材料が肩半径上を滑ることをなくすことはできません。

 【図1】に示すV曲げ構造は、材料が肩半径上を滑ることなく加工できる構造です。ノックアウトに取り付けられたヒンジが特徴です。【図1】(a)に示すように、材料はヒンジの上に置かれます。パンチが材料にあたるとノックアウトが押されて下がります。このとき材料はヒンジと一緒にダイ肩上を滑り閉じるように移動し、曲げを進行させ【図1】(b)の形で加工完了します。材料はヒンジの上にあるため、ダイ肩を滑ることなく曲げられるため、曲げキズが発生しません。金型構造は少し複雑なりますが、きれいな製品を作ることができるようになります。

307.gif



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る