エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2007年05月11日

カテゴリ : 金型設計

第309回 金型構造に使われる機構 その10:リンク利用の曲げ

 ハット曲げのような形状を普通構造の金型で曲げると、割れ等の問題が起きることがあります。その対策として、可動ダイとすることで問題を解決することができます。その1例が【図1】に示したリンクを使った曲げ構造です。

 加工前の状態は『(a)加工前』で示すように開いた曲げダイの上にブランクを乗せ、ブランクに拘束がかからない状態で曲げが進行するように工夫されています。『(b)加工途中』の状態を見ることで、材料拘束が少ないことが分かると思います。『(c)加工完了状態』になると、パンチとダイの間でブランクがきれいに曲げられているのとがうかがえると思います。

 この構造では、支点で支えられたダイが特徴です。旋回するダイはプレッシャピンで下から保持されています。初期の曲げはこの下からの圧力で曲げられますから、プレッシャピンにかける圧力源はダイクッション等のしっかりしたものが必要です。

 戻り工程では曲げられた製品から離れるようにダイが開きますから、製品の取り出しは容易です。しかし、【図1】に示したようなパンチですと、製品がパンチに付いてしまうことがありますから、パンチにはキッカーピン等のエジェクト機能を設けておく必要があるでしょう。

309.gif



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る