エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2007年05月18日

カテゴリ : トラブル対策

第310回 コイル材の自動加工でのトラブル その1:コイル材からの加工での異常発生部分

 コイル材からの自動プレス加工をするときには、【図1】に示すような設備構成が必要です。
 コイル材を保持し、材料を巻きほぐすアンコイラ。材料を型内に一定量送り込む送り装置。送り装置はプレス機械に取り付けられる場合と、金型に取り付ける場合があります。このような素材用の送り装置を『一次送り装置』と呼びます(ブランク抜きされたような材料を送る装置を『二次送り装置』と呼びます)。プレス機械に金型が取り付けられ、作業可能状態となります。

310.gif

 異常発生が予想される部分を見ていきます。

1.材料関係異常

 コイル材そのものに関するものや巻きほぐすとき、及びアンコイラと送り装置間の材料のたるみ異常等があります。

2.材料送り異常

 送り装置周辺から発生する異常です。ミスフィード検出と呼ばれるものです。

3.金型内異常

 かす上がりが有名です。その他に型内で材料が引っかかり、異常を起こすなどがあります。

4.排出異常

 製品やスクラップがうまく排出されずに異常を起こすものです。

5.プレス機械異常

 プレス機械が影響して発生する異常です。

 これらが大きな要因であり、その内容を見ることで細かな対応が求められることがあります。これから、細かな内容についてながめていきます。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る