エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2007年06月08日

カテゴリ : トラブル対策

第312回 材料送り異常の検出 その3:通電式ミスフィード検出

 検出ピンと材料の間に弱い電気(6V〜12V)を流しておき、検出ピンが材料に接したときに電流が流れて材料の送り異常を検知してプレス機械の運転を止めます。

 この方法の金型内の取り付け状態を示したものが【図1】です。検出ピンは絶縁された状態で取り付けられます。検出ピンが材料に接したときに通電し、異常を検出しますから機械的に動く部品がないため動作時間が早くなります。検出ピンの入る部分は穴でなくとも、溝のような形状であってもかまわないところがよいところです。

 【図1】(a)は可動ストリッパに取り付けたものです。検出ピンが異常を検出した後にたわみ、破損しないようにしてあります。可動ストリッパ内だけで組み込みが可能なので設計は容易です。問題点として、可動量の関係からS1寸法を長くすることができません。そのため、パイロットより先に異常を検知できない場合が生じます。
 その問題を対策する形が【図1】(b)です。パンチホルダまでの部分を利用することで長いスプリングが使用できるようになり、S2寸法が長く取れるようにしたものです。

 もう一つの欠点が、リード線の断線です。断線があると検出ピンが動作しても検出ができません。定期的なリード線の確認が必要です。できれば使用時間でリード線を交換することが望ましいです。

312.gif



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る