エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2007年08月03日

カテゴリ : トラブル対策

第320回 材料送り異常の検出 その11:コイル材の終端検出

 コイル材の加工では自動加工が前提であることが多いと思います。調子よく加工をしていて、材料の終わり部分が送り装置に引っかかり加工ミスが発生して金型を壊した、という事故は意外と多いのです。注意していたのだがうっかりした。という状況なのですが、仕事では注意するという状況はできるだけなくすようにします。

 その代表的なものが材料の終端検出です。【図1】に示すようなイメージです。終端の検出は簡単です。送り装置入り口にセンサー(マイクロスイッチ等)を材料の上に置きます。マイクロスイッチであれば、レバーが押された状態にセットします。材料が無くなり、マイクロスイッチのレバーが戻ると検知され、プレス加工を止めます。

320.gif

 以上は、材料終端検出の原理的なイメージを示しました。マイクロスイッチのレバーが常に材料に接していると、材料にキズを付けることがあります。マイクロスイッチの変わりに近接スイッチ等の無接触で検出する方法等工夫されています。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る