エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2007年10月05日

カテゴリ : 用語

第328回 用語とその周辺 その6:バッキングプレート

 バッキングプレートはバックアッププレート(これが正しい呼び方かも知れません)、バックプレート、バッキン等と呼ばれる金型部品です。【図1】のような使い方をします。

【図1】バッキングプレート

 しかし、バッキングプレートは全ての金型に必要なプレートではありません。穴抜きパンチのように小さな面積に大きな力が働くと、パンチは押されてパンチホルダにめり込んでいくことがあります。このようなときにバッキングプレートは必要になります。このような条件が発生しない限り必要ないのです。

 このような使用目的から、バッキングプレートはある程度の硬さが必要です。56HRC程度でしょうか。硬すぎると割れが発生する要因となります。一般的には工具鋼(SK材)や特殊工具鋼(SKS材)を使用します。

 金型を構成するプレートの中で、バッキングプレートは一番存在感のないものです。そのようなわけで関心があまり払われません。金型のメンテナンスの際にも状態の変化を点検することが少なく、凹みや変形もあまり気遣われることはありません。パンチやダイ同様に注意を払い受け、面の状態を維持することが金型品質を保つことにつながります。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る