エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2007年11月30日

カテゴリ : 用語

第335回 用語とその周辺 その13:抜きクリアランスの選定

 軟鋼板(SPC材)を想定して話を進めます。一般的に適正クリアランスを採用して抜き加工すると、切り口面には板厚の30%程度のせん断面が現れます。適正クリアランスは板厚の6%〜8%です(【図1】)。適正クリアランスは工具の持ちが最もよくなる条件です。製品によっては、切り口面のせん断面長さを長くしたい、抜きだれを小さくしたい製品もあります。このようなときには、精密抜き用のクリアランスというものを採用します。クリアランスは3%〜5%と小さくなります。 【図1】適正クリアランスとせん断面の関係(SPC)

 以上の条件は、直線部やゆるいカーブ形状の抜きのときです。直線と直線が交わるような角では、適正クリアランスを使って抜いても、せん断面長さは板厚全域に達します(【図2】)。このような条件ではパンチの角の摩耗が早くなり問題です。角部に板厚の50%以上の丸みをつければ、直線部とほぼ同じ抜け状態となります。角部に丸みがつけられないときには、角部のクリアランスを大きくします。その増加量は直線部に用いたクリアランスの50%程度です(【図3】)。

【図2】丸みのない角部のせん断面、【図3】丸みのない角部とクリアランスの関係

 【図4】に示すような凹凸形状では、均一なクリアランスを採用すると、凸部の抜きだれは大きくなり、凹部の抜きだれは小さくなります。均一な抜きだれとしたいときには、凸部のクリアランスは小さく、凹部のクリアランスは大きくしてバランスを取ります。 【図4】凹凸形状とだれの関係

 抜きだれの変化は、抜き加工時に発生する曲げモーメントや側方力も変化していることを意味しています。細い形状の抜きではねじれや反りが気になります。形状に合わせてクリアランスを変化させることで、ある程度の改善が可能となります。材料押さえと組み合わせると、より効果がでます。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る