エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2007年12月28日

カテゴリ : 用語

第339回 用語とその周辺 その17:絞り形状各部の呼び名

 絞り加工製品を検討するときに、細かな部分を呼ぶときに困ることがあります。覚えておくと便利な各部の呼び方を示します。

 【図1】は、円筒絞りに関する呼び名です。

【図1】円筒絞りの各部呼び名

(1)フランジ:ブランクが絞られダイ面上に残ったブランク部分。フランジの縁は元の板厚より厚くなります。
(2)フランジR:フランジと側壁間に付く丸みです。絞り金型のダイ肩半径(ダイR)に相当します。
(3)側壁:ブランクがパンチによってダイ内に押し込められ、フランジに対して立ち上がった部分です。
(4)底R:パンチ肩半径(パンチR)に該当する部分の丸みです。絞り容器の底に付くことからこの呼び名があります。
(5)底:容器の底を形成する面です。底と言わずに天井と言うこともありますが、最近では底という呼び方が多いです。

 【図2】は、角筒絞りの各部の呼び名を示しています。

【図2】角筒絞りの各部呼び名

(1)フランジ:ブランクが絞られダイ面上に残ったブランク部分です。直辺部分とコーナーR部分でフランジ部の材料の動き方に大きな差があります。
(2)直辺部:角筒絞りの直線で作られた側壁部分です。加工を考えるとき、曲げとの認識で加工を検討します。
(3)コーナーR:側壁部分の角の丸みを構成する部分を指します。円筒絞りの一部として加工を検討します。
(4)フランジR:フランジと側壁部分で作られる丸みです。製品としては全周均一な丸みとしたいところですが、加工の面からは直辺部の丸みは小さく、コーナーR部では大きくしたい丸みです。
(5)底:角筒容器の底を形成する面です。
(6)底R:側壁と底面の交点に作られる丸みです。一般的にはコーナーRと同じにすることが多いです。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る