エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年01月07日

カテゴリ : プレス機械・周辺機器

第340回 プレス機械の周辺機器 その1:コイル材を利用したプレス自動化システム

 【図1】は、コイル材を利用した自動化システムの構成を示しています。

【図1】コイル材を利用したプレス自動化システム

 構成としては、まずコイル材を保持して、巻きほぐす装置が必要です。これをアンコイラと呼びます。軽量なコイル材から1トンを越える重量級のものまであります。また、薄い材料、厚い材料もあります。その内容に合わせてアンコイラには、いくつかのタイプがあります。

 アンコイラから巻きほぐされた材料は、たるんだ状態を作ります。このたるみをループと呼びます。
 ループ部分の材料は送り装置によって金型内に送り込まれ、たるんだ状態から張った状態に変化します。この変化を検知してアンコイラから材料を巻きほぐします。ループのたるみと張りを検知してコントロールすることを、ループコントロールと呼びます。自動化システムの大事な部分です。

 巻きほぐされた材料は、コイルの巻きぐせ等のひずみを持っていることがあります。厚板になるとこのような傾向は強くなります。そのまま材料を金型内に送り込むと、加工ミスの原因となったりします。この対策としてレベラーを用いて材料のひずみ取りを行い、加工に問題がないようにすることもあります。

 材料の送り装置は自動化での重要な設備です。送り装置は大別すると、掴んで送るグリッパーフィーダと、ローラーの回転を利用して送るローラーフィーダがあります。送り装置は送り精度がプレス加工品質に直結しますから、いろいろな機構を使い精度対応が考えられています。
 金型内では、スクラップ取り出し用のコンベアー等の機器や、スクラップカッタ等が使われます。
 加工された製品の取り出しの工夫もあります。

 金型をプレス機械に取り付けるための工夫。小さい金型であれば手での取り扱いもそう苦にもなりませんが、金型が大きくなると工夫が必要になってきます。そのための用具もあります。

 プレスの自動加工では、金型とプレス機械以外にいろいろな周辺設備が必要となります。これからしばらくは、プレス機械の周辺設備を紹介していきます。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る