エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年01月25日

カテゴリ : プレス機械・周辺機器

第343回 プレス機械の周辺機器 その3:コイルクレードル

 コイル材を【図1】に示すような材料ストック部に置き、ピンチロールによって巻きほぐします。

【図1】コイルクレードル

 材料ストック部は最大幅が入る構造となっています。この部分には材料幅にあわせて保持するガイドがあり、コイル幅の変動にあわせて対応できるようになっています。この部分にコイル材を入れるには、後ろから転がし入れるか、クレーンで吊り上げ入れるかのどちらかの方法が取られます。
 落とし込まれたコイル材は下部にあるローラの上に乗ります。コイル材外周がこのローラ上を回転して、巻きほぐされます。
 このようなことから、コイルクレードルでは、薄板材や材料表面傷を嫌うものには適用が難しいです。反面、厚板材や幅広コイル材等には使いやすい装置です。熱間圧延鋼板のような材料加工に適したものといえます。

 材料の巻きほぐしはロールで挟み、引き出します。この引き出し用のロールをピンチロールと呼びます。
 ピンチロールは、材料ループ上に置かれたループ検出バー(この他にもいくつかの検出手段がある)によって、材料のたるみと張りを検出して、間欠駆動します。

 【図1】はコイルクレードルの基本機能を示してます。コイル材料の板厚が厚く、かつ幅広になってくると、材料の先端をピンチロールに挟み込む作業だけでも大変です。そのため材料の幅ガイドの他に、材料の跳ね上がりを押さえるガイド等や受けロールも駆動して、初期段取りが容易にできるように工夫されたものも多くあります。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る