エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年02月01日

カテゴリ : プレス機械・周辺機器

第344回 プレス機械の周辺機器 その1:ループコントロール(1)ダウンループ

 【図1】がダウンループの形です。ごく一般的な材料のたるみの取り方です。薄板材から厚板まで幅広く使われています。材料が自然に作るループに必要な距離(図中のL寸法)は、材料板厚の1600倍前後は必要とされています。その間で作られるたるみは床に着いてしまうことがあります。その対策として、ループが接地する部分の床を堀込むことも行われます。

【図1】ダウンループ

 このダウンループは、送り装置とアンコイラ(またはレベラー)で両端を支持されている間の材料のたるみ(ループ)です。ここで、送り装置がリリーシング等で材料押さえを開放すると、ループの重みで引き戻されます。これを「バックテンション」と呼びます。順送加工等では、パイロットへの負担が多くなってきたりします。

 また、材料送りは間欠動作です。そのため送り速度が速くなると、送り装置入り口付近の材料が上下に波打ちします。これを「材料のバタツキ現象」と現場的には呼んでいます。この現象は送り精度を乱す原因となります。
 ダウンループは自然に作られる形ですが、このような不具合現象を起こしやすい形でもあります。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る