エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年02月22日

カテゴリ : プレス機械・周辺機器

第347回 プレス機械の周辺機器 その8:レベラー(1)

 アンコイラーから出てきた材料にはコイルの巻きぐせ等のひずみがあり、プレス加工に影響することがあります。このひずみ取りに使われる装置がレベラーです。

 レベラーは【図1】に示すように、アンコイラと送り装置間に置かれます。【図1】に示すようなレベラーを独立型レベラーと呼びます。比較的材料板厚が薄いものに多く使われています。精密レベラーと呼ばれることもあります。

【図1】材料矯正に使われるレベラー

 レベラーは【図2】に示すように、交互に配置されたロール(これをワークロールと呼びます)の間に材料を挟み、材料に上下方向に交互に変形を与えて材料のひずみを取ります。

 ワークロールの中を材料が移動する必要がありますが、その方法の1つが【図2】に示されるピンチロールによって材料を引っ張る方法です。もう一つの方法は個々のワークロールが駆動され、材料矯正と材料移動の両方の働きを持たせたものです。

【図2】レベラーの構成

 レベラーのワークロールの本数は、5本程度から20数本までのものが多く使われています。5〜13本程度のロール本数のものは、比較的厚い材料のコイル癖を取る目的で使用されることが多く、【図3】に示すようなアンコイラーと一体になっているものが多くあります。【図3】はコイルクレードルとの一体化したものの例ですが、ピンチロールはレベラーとコイルほぐしの両方の働きを持っています。

【図3】レベラ付コイルクレードル


材料ガイドユニット-高周波焼入・ダイセット固定タイプ-


材料ガイドユニット-高周波焼入・ダイプレート固定タイプ-


材料ガイドユニット-ダイセット固定タイプ-


材料ガイドユニット-ダイプレート固定タイプ-


材料ガイド用スペーサブロック


材料ガイドプレート


フィッティングガイドセット



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る