エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年03月14日

カテゴリ : プレス機械・周辺機器

第349回 プレス機械の周辺機器 その10:ローラフィーダ(1)

 自動でプレス加工するときに材料を金型内に送り込む装置を「材料送り装置」と呼びます。その代表的なものがローラフィーダです。ローラフィーダは【図1】に示す構造をしています。固定された軸を中心に、送り長さ分の間欠回転をする送りローラと、材料を押さえながら挟み込む押さえローラの、二つのローラで構成されます。 【図1】ローラフィーダの構造

 【図2】は機械式のローラフィーダの駆動機構を示しています。クランクプレスを例に説明します。クランク軸端に偏心盤を取り付けます。偏心盤の偏心軸と送り装置の揺動アームを連接棒でつないであります。
 送り量の設定は偏心盤で行います。偏心盤の調節ねじを回すことで、偏心軸を移動させて変位量を調節します。クランク軸が回転することで、偏心盤も回転し偏心軸の変位量の動きが連接棒に伝わり、揺動アームを角運動させます。揺動アームは往復角運動しますが、その1方向の動きで送りローラを送り、長さ相当の回転を行います。戻り工程では送りローラのクラッチが働き、送りローラは動きません。

【図2】機械式ローラフィーダの駆動機構

 このようにローラフィーダは、クランク軸の回転運動を揺動運動(角運動)に変換して材料送りを行います。

 ここに示した構造は最も古くから使われている構造です。連接棒と揺動アームの関係は、ラックとピニオンギヤに置き換えた構造もあります。
 この構造の送り装置の精度は良くて0.1mm程度です。送り長さの微調整が難しいなどのことから、運動機構の工夫がいろいろなされています。最近ではNC駆動の送り装置が主流になっています。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る