エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年03月28日

カテゴリ : プレス機械・周辺機器

第351回 プレス機械の周辺機器 その12:ローラフィーダ(3)

 ローラフィーダは、送りロールと上ロールで材料を挟み、送ります。材料送りが完了した後に、金型はパイロットで材料送りの誤差を修正します。この時に、ローラフィーダは材料の押さえを解除して、パイロットでの材料送り長さ修正を容易にする必要があります。この材料押さえを解除する機構を「ローラリフタ機構」と呼びます(【図1】参照)。

【図1】ローラリフトの機構

 また、送り装置から材料を開放することを「リリーシング」と呼びます。材料のリリーシングのタイミングは、材料が送り線高さにある状態で、パイロットの先端がパイロット穴にある程度入り込んだときに、ローラーリフタを働かせて、リリーシングします。ローラリフトは斜面を持ったドライバでリフトレバーを押し、上ロールを持ち上げます。ドライバーはスライドに取り付けられているので、リフトレバーを押し続けます。ドライバーがリフトレバーを押すタイミングは、ドライバーの長さで調節します。

 リフトレバーは上ロールの両端をバランスよく持ち上げることが大事です。ここで示した図は原理的なもので、実際にはいろいろと工夫されています。加工との関係から、ドライバーはスライドに取り付けることが多いですが、シリンダを利用して空気圧で動作させるようなものもあります。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る