エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年04月11日

カテゴリ : プレス機械・周辺機器

第353回 プレス機械の周辺機器 その14:ヒッチフィーダ

 ヒッチフィーダは、スプリングを利用した爪クランプで材料を掴み、送り動作をします。
 送り動作は往復運動で行います。移動クランプと固定クランプの2種類のクランプを持っています。この形からグリッパフィーダの一種といえます。

 ヒッチフィーダは金型に取り付けて使用します。往復運動の動作は、上型またはプレス機械のスライドに取り付けられたカムドライバで移動クランプを動かして行います。

 【図1】は、送り動作に入るための戻り動作に移る直前の状態を示しています。カムドライバが下降してきて、移動クランプのカムフォロアに接して、押し戻そうとしているところです。

【図1】送り動作前

 【図2】は、カムドライバがカムフォロアを押し戻した状態を示しています。送り長さはカムドライバによって決められます。カムドライバで動かされている移動クランプは【図3】のA方向に動いています。この時、爪は矢印の方向に力を受け、スプリングを押して開き、材料の上を滑って行きます。しかし、スプリングの力で押さえられている材料は移動クランプと一緒に戻ろうとしますが、固定クランプの爪が阻止します。

【図2】送り動作の準備完了状態

【図3】クランプの動作

 送り動作はカムドライバの戻り行程で行われます。圧縮されていた戻りスプリングが移動クランプユニットを押し戻します。この時の移動クランプユニットは【図3】のBの方向に動いています。この動作のときは爪は材料に食い込むように動作し、材料を移動させます。材料が移動すると固定クランプの爪はスプリングを押して開く方向に動き、材料移動を妨げないようになります。

 ヒッチフィーダを使用して順送加工を行うときには、所定の送り長さより少し短く材料を送ります。そしてパイロットで誤差修正をするときには、必ず引っ張る方向で修正するようにします。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る