エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年05月16日

カテゴリ : プレス機械・周辺機器

第357回 プレス機械の周辺機器 その18:三次元トランスファ送り装置

 三次元トランスファー送り装置の動きは【図1】に示すように、トランスファーバーの「開閉」動作と「送り」と「戻り」の運動に加えて、製品を「上下」にも動かし移送します。上下の動作が入ることで、金型にはネスト(位置決め)を備えて、その中に置くことができるため、金型の構造設計が通常の単工程型に近いものが使えるようになり、おおくの製品加工に対応できます。
 しかし、トランスファーバーの動きが複雑になり各動作に時間が取られるため、プレス加工スピードは遅くなります。

【図1】三次元トランスファー送り装置

 複雑形状や大きな製品の加工によく使われます。一次元、二次元のトランスファー送り装置では、製品を引きずるように移送するイメージがありましたが、持ち上げる動作が入ることで、フィンガーの掴み具は挟む形ばかりでなく、マグネットや真空で吸着して保持し、持ち上げる方法も使えるようになります。
 また、三次元トランスファー送り装置は、1台のプレス機械内に複数の金型を取り付ける通常のトランスファー加工の他に、プレス機械を列べてその間を移送するプレスラインの送り装置としても多く使われています。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る