エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年05月23日

カテゴリ : プレス機械・周辺機器

第358回 プレス機械の周辺機器 その19:シュート

 成形加工でのトリミングのスクラップやカットオフ形式の順送加工では、ダイプレート上に残る製品の回収方法として、シュート(【図1】)はよく使われます。シュート上をうまく材料が滑ることを期待しますが、面積の大きなものでは油等の影響もあり、シュート上に張り付いてしまい、回収がうまくいかないことがあります。

【図1】シュートによる製品回収

 その対策としては接触面積を小さくすることが思いつきます。【図2】は細い丸棒を取り付けて抵抗を減らそうとするものです。丸棒がガイドの役目を果たして一定方向に滑り落ちます。
 丸棒の取り付けには溶接を使うことが多いのですが、面倒なこともあり、その対策は【図3】に示すように、板材の面に小さなエンボスを作り、接触面積を小さくしてシュート上の滑りを改善しようとする方法です。エンボス加工された材料が市販されています。

【図2】丸棒の利用、【図3】エンボスの利用

 接触面積を小さくするだけでは改善できない場合もあります。そのようなときの方法が【図4】の方法です。ルーバリング加工でエンボスを作るように板材の面に加工します。ルーバリングの開口部は製品の落下方向に向けます。ルーバリングの高さでエンボスと同じ効果を期待し、開口部からエアーを流します。シュート上の材料はエアーの流れに乗り移動するようになり、軽量な製品でもうまく処理ができるようになります。
 通常のシュートでも、プレス機械の動きを利用して振動を与える方法もあります。

【図4】ルーバリングの利用


エンボスシュータ板


スクラップシュータ


スクラップリムーバー


スクラップリムーバー


ミニチュアコンベヤ 平ベルト単列ヘッド駆動 φ30


ミニチュアコンベヤ 平ベルト単列ヘッド駆動 φ50


ミニチュアコンベヤ 平ベルト単列中間駆動 φ30


ミニチュアコンベヤ 平ベルト単列中間駆動 φ50



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る