エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年05月30日

カテゴリ : プレス機械・周辺機器

第359回 プレス機械の周辺機器 その20:エアーエジェクタ

 型上に残った製品を型外に排出する、最も簡単な方法がエアーで吹き飛ばすことです。【図1】がそのイメージです。金型の外側にエアーノズルを取り付けて、そこからエアーを吹きます。上型は上死点近くにあることが多いと思います。このような状態でノズルからエアーを吹くと、エアーは拡散して広がり、製品は思わぬ方向へ飛ぶことがあります。ときにはダイセットのガイドポスト等に当たり、跳ね返って型内に入り込み、トラブルを起こすこともあります。

【図1】外部取り付けノズル

 【図2】は型内に可動式のノズルを取り付けた例です。ストリッパの動きに合わせて可動します。【図】ではノズルが上昇してエアーが吹かれています。この時ストリッパはまだ上昇途中で、ノズルから出たエアーはストリッパとダイプレートの間を流れるため拡散することなく製品を一定方向に飛ばすことができます。

 汎用のノズルを金型の外に取り付けエアー飛ばしする際には、飛び方向を確認して調整する必要があり時間が掛かります。型内にエアーノズルを付けることは金型製作が多少面倒になりますが、段取り時間短縮にも効果があります。

【図2】型内ノズル

 【図3】は上型に使用した例です。総抜き加工や逆配置構造を採用した絞り加工では、上型のダイ内に入り込んだ製品をノックアウトで排出します。排出された製品はエアーで飛ばされることが多いのですが、飛び方向の安定と段取り時間短縮を兼ねた使用方法の例です。

【図3】上型内蔵ノズル



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る