エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年06月20日

カテゴリ : プレス機械・周辺機器

第362回 プレス機械の周辺機器 その23:パンタグラフ式ショベルアンローダ

 上型に製品が残る金型では、空気圧等で型外に加工した製品を排出しますが、信頼性に疑問を持つことがよくあります。確実に回収したいときに使われる方法が「ショベル式のアンローダ」です。

 機械式方法の代表的なものが【図1】のパンタグラフを利用したアンローダです。自社でも容易に作ることができます。プレス機械のストロークに連動して動くので、間違って金型でショベル部分を挟んでしまうことはありません。金型に取り付けて専用とすれば、段取りを簡略化できます。比較的小さな製品に採用されることが多いです。
 注意点は、リンクの可動部(節)を定期的に点検して、摩耗やゆるみが無いことを確認することです。大きな製品用のリンク式アンローダ等もあります。

【図1】金型オープン時の状態、【図2】金型が閉じた状態



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る