エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年06月27日

カテゴリ : プレス機械・周辺機器

第363回 プレス機械の周辺機器 その24::ラック・ピニオン式ショベルアンローダ

 【図1】は、ラック・ピニオンを利用したアンローダです。ラック・ピニオンは往復運動を回転運動に変えたり、その逆の動作をさせたりすることによく使われます。このアンローダのように、往復運動の方向を変換する機構としても使われます。

【図1】金型オープン時の状態

 「ラックA」の上下運動を「ピニオンB」の回転運動に変換し、再度、「ラックC」の往復運動に変換しています(【図2】)。「ラックC」はピニオンを軸にして回転させることができますから、金型に合わせて傾斜を変えることが可能です。この点は都合のよい部分です。
 ストロークの長さは、「ラックA」と「ラックC」は同じとなります。プレス機械のスライドの長さに影響されるわけで、ストロークの短いプレス機械では使いにくい場合があります。一つのピニオンを使うのではなく、径の違うピニオンを使うことで「ラックC」のストロークを変えることができます。この機構は金型に付けることは少なく、プレス機械に取り付けて使用する場合が多いようです。

【図2】金型が閉じた状態



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る