エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年07月11日

カテゴリ : プレス機械・周辺機器

第365回 プレス機械の周辺機器 その26:金型交換用テーブル

 外段取りで金型を準備してプレス機械の停止時間を短縮することは、段取りの重要な部分です。特に大きな金型になると、何もしないでいると、プレス機械の停止時間は非常に長いものになります。

 その対策として使われるものが「金型交換テーブル」です。多い形はプレス機械の前に固定して使うものです。床にレールを敷き移動できるようにしたものもあります。
 交換前の金型は金型置き台に置かれます。この置き台を回転式にして外した金型と、これから取り付ける金型の交換を容易にする工夫をしたもの等があります。
 金型置き台の前には折りたたみ式の可動部を設けて、プレス機械との関連を取ります。可動部の動きは手動式のものや油圧等を利用したものがあります。可動部分の空間は作業者が作業をするスペースであったり、スクラップ処理をするためのスペースだったりします。
 金型置き台と可動部の上面はローラ等を組み込み、金型移動を容易にしています。金型置き台にはストッパを設けて、誤って金型が滑り落ちないようにします。

 金型交換用のテーブルは、金型段取りのとき以外はプレス機械の前にあり、邪魔に感じるときがあります。床にレールを敷き、金型交換テーブルを移動できるようにするのは、このような問題を考えつのことです。
 同じ能力のプレス機械が並んでいる場合であれば、金型交換テーブルを移動して使うことで、作業場を広く使えるようにする考えがあります。
 プレスラインのように金型交換が同時に発生するときには、固定式の金型交換テーブルが迅速に作業を進めることができます。
 タンデム加工のようなときには移動式金型交換テーブルがよいなど、使用前には十分な検討が必要です。

【図1】金型交換テーブル



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る