エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年08月08日

カテゴリ : 用語

第369回 ストレッチャストレイン

 軟鋼板を絞った時に、側壁に薄いリング状の縞模様が発生する不具合現象が「ストレッチャストレイン」であることがあります。
 ストレッチャストレインは【図1】に示す「荷重−伸び線図」で、荷重をかけなくとも伸びてしまう「降伏点伸び」によって起こる現象です。
 スキンパス圧延(軟鋼板を1%程度薄くする軽い圧延)を行うと、降伏点伸びは無くすことはできます。
 しかし、軟鋼板にはひずみ時効現象があり、スキンパス圧延を行っても、時間がたつと降伏点伸びがまた現れてしまうことがあります。

【図1】荷重−伸び線図

 ストレッチャストレインは、加工速度が速いほど現れやすいです。
 最近では材料の作り方も進歩し、この現象を見ることはほとんど無くなりました。
 発生したとしても、再絞り工程でのしごき絞り等で消すことはできます。
 鋼板の持つ独特な荷重−伸びが影響する現象として知っておくとよいでしょう。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る