エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年09月05日

カテゴリ : 金型設計

第372回 切り上げ加工の注意点

 切り上げパンチの普通の設計では【図1】のような形になることが多いと思います。

【図1】工夫のない切り上げパンチの設計

 植え込み形状を長方形のすっきりした形とした設計です。この時の切り上げ加工方向を矢印で示しましたが、L形状内側が切り上げ量が多くなり問題が残ります。
 その対策として、L字内側の植え込み部分を削り、切り上げ量を小さくしたものが【図2】です。

【図2】切り上げ加工を配慮したパンチ設計

 しかし、この形状をそのまま切り上げ加工すると、やはりL字内側部分には形状を変更する前と同じ状況が残ります。
 加工の工夫として【図3】に示すように材料を傾けて段取りし、研削量が少なくなるようにすることも必要です。

【図3】切り上げのバランスを考えた段取り

 切り上げ加工はプロファイルグラインダーで行いますが、砥石の径は直径が70mmくらいのものが多く使われています。
 切り上げ量が大きいと砥石に掛かる負担が大きくなり発熱等の問題があること、切り上げR部分が長くなりパンチの強度を弱くすることにもなります。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る