エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年09月12日

カテゴリ : 金型設計

第373回 ストリッパからパンチが外れる

 可動ストリッパ構造の金型で下曲げパンチ等があると、ストリッパの可動量が大きくなりパンチガイド部分からパンチが外れることがあります。
 その状態を示したものが【図1】です。拡大で示した部分がパンチの外れた状態を示しています。

【図1】パンチ先端がストリッパのガイド部から外れている

 ストリッパでパンチガイドをした設計の金型では、このようになるとパンチがストリッパには入るときに刃先を痛めてしまいます。
 順送金型ではよく起こる現象です。対策として【図2】のようにストリッパ裏の段部を面取りしたりして処置をします。

【図2】パンチ先端保護

 しかし、小さな形状で細かな部分となると簡単に逃がしを作ることが難しくなります。
 この例図の穴ぬきパンチのように段のないパンチでは、ストリッパの穴をワイヤーカットで裏逃がしの無いストレートで加工することがありますが、よくありません。
 加工穴のわずかな傾き等の影響がパンチにきます。途中から大きなテーパー加工でワイヤカットして、逃がしを加工することはよいです。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る