エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2008年10月10日

カテゴリ : 金型設計

第377回 パンチ加工の工夫(WEDMの活用)

【図1】切り上げパンチ

 【図1】のような形のパンチはプロファイルグラインダ(PG)で加工されます。加工コストが多くかかります。小さな形状のパンチに多いわけですが、ワイヤーカット放電加工(WEDM)ではストレート加工となるため、段付きパンチの加工には向いていないと考えられています。
 しかし、WEDMの効率的な加工を使えば【図2】に示すように、パンチを分割して作ってもPG加工に見合うものがあります。

【図2】WEDM加工で対応

 さや部分は裏逃がしを作り、WEDM加工時間を短縮することと精度の向上を狙います。逃がし部分にはバックアップピンを入れ、パンチを支えるようにします。さやとパンチはロックタイトで接合します。【図3】のような形になります。

【図3】完成したパンチ

 切り上げパンチはPGの独壇場との考え方がありますが、用途によってはこのような工夫があっても良いと思います。パンチプレート基準の組立では、パンチの刃先と植え込み部の同軸度は、多少緩和されるはずです。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る